スキンケア 顔 毛穴

アラフォーを過ぎると、シミ、くすみ、たるみ、シワが気になりだすけれど、肌のケアは洗顔と保湿がベース。これは毛穴ケアのやり方が全てのベースだと言えます。

毛穴ケアの方法をまとめてみました。

1 洗顔

まずは洗顔ですね。
毛穴が広がるように蒸しタオルなどでよく温めます。
角栓を溶かすオイルを塗る。
角栓は皮膚のたんぱく質と皮脂が混じったものなので、オイルとタンパク質の両方が取り除けるクレンジングが欲しいんですよね。ひとつの例はこちらです。
⇒ マナラ ホットクレンジングゲル
タンパク質を溶かすのにはフルーツ酸がいいそうですが、ピーリング剤なので、肌をいためる恐れがあるので控えた方がいいんじゃないかと思います。

洗顔そのものは、普通の洗顔フォームより、イオンの力で角栓を吸着するクレイ洗顔などがより効果的と思います。

2 保湿

洗顔が終わったら
保湿です。
保湿です。
保湿です。
大事なので3回書きました。

しっとり系の化粧水をたっぷりつけましょう。
しっとり系の美容液もたっぷり。
しっとり系のクリームは適量を。

化粧水を付けたら2、3分おいて、肌が落ち着いてから美容液をつけます。また2、3分おいてからクリームをつけます。

3 シミ、たるみ

シミやたるみのお手入れをするときは、ビーグレンの手順が参考になります。使用しない化粧品は飛ばしてOKです。

洗顔 ⇒ 化粧水 ⇒ シワリフト系美容液 ⇒ ビタミンC系美容液 ⇒ 美白系美容液 ⇒ 目元系美容液 ⇒ 保湿クリーム

時間がないときはオールインワンでもいいから、保湿だけはしっかりとしましょう。

まとめ

毛穴ケアの手順が分かれば、これにシミ、しわ、たるみなどのケアを追加することも簡単にできますね。毛穴のケアをするときは毛穴や角栓を意識。シミのケアをするときはシミを意識。意識してケアすることで、漫然とするのを防げます。

万一肌に合わないときはすぐに使用をやめましょう。しばらくつけていれば症状が治まるなんてことはありません。初めてつける化粧品は、かゆみ、あかみ、腫れなどに注意しましょう。心配なときは二の腕の内側で自分でパッチテストするといいです。

手順はビーグレンがとてもよくシステム化されて、一貫性があって分かりやすいです。使わなくてもいいので、手順だけでも参考になりますよ。トライアルセットも送料無料であります。

⇒ b.glen 細胞レベルで甦るエイジングケア
⇒ b.glen 毛穴の目立たない肌を手に入れる
⇒ シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする