スキンケア 顔のシミを消したい

顔のシミが増えてきた気がする!
今のうちに何とかしたいなー。
シミの消し方を調べた結果をまとめてみます。
その前にシミはどうしてできるのかを調べてみました。

シミはメラニンが過剰にできることで起こります。
メラニンは頭髪の黒い色やほくろの黒い色をつくる物質なんですね。悪いことばかりじゃなく、紫外線から皮膚を守るためにも役立っていて、なくてはならないものです。

メラニンを作り出すのが、皮膚組織の一番奥にあるメラノサイトです。メラノサイトが刺激を受けることでメラニン色素がつくられ、何らかの影響で刺激が過剰になったときに、メラニンが過剰につくられていきます。

普通は、皮膚のターンオーバーで、できたメラニン色素は表皮に上がって。次第に剥がれ落ちていくのですが、あまりに過剰にできたために剥がれ切れないで、蓄積されてシミになるそうです。

前置きが長くなりましたが、こうやってできた顔のシミを消すには、シミの色を薄くする方法とともに、シミができる原因を取り除いてやる両方が必要です。

顔のシミを消す方法

シミのメラニンを抑制してシミができにくくする方法、できたシミを消す方法、そもそもメラニンが過剰に生産される原因を取り除く方法の3つがありました。

美白化粧品はメラニンを抑制し、シミの予防が主な目的です。
厚生労働省承認美白有効成分というのがあります。
その一部ですが聞いたことがあるものをピックアップしてみると、次のようなものがあります。

・ビタミンC誘導体(メラニンを作り出す酵素の働きを抑制)
・アルブチン(メラニンを作り出す酵素の働きを抑制)
・プラセンタエキス(メラニンを作り出す酵素を減少)
・コウジ酸(メラニンを作り出す酵素の働きを抑制)
・エラグ酸(メラニンを作り出す酵素の働きを抑制)
・トラネキサム酸(メラノサイトを抑制する)
・リノール酸(メラニンを作り出す酵素を減少)
・カモミラET(シミの原因となる情報伝達物質を抑制)
・ニコチン酸アミド(メラニン色素が表皮へ移るのを抑制)

みんな似たような作用があって、メラニンを過剰に作り出さないようにしています。また、でき初めのくすみや薄いシミにも、明るいトーンに変えることが期待できますね。

日ごろからシミを予防するには、このような有効成分を含んだ美白化粧品を使うのが良いです。1種類だけということではなく、美白化粧品にはこれら有効成分を複数含んだものが一般的です。

ハイドロキノンは、できてしまったシミを消すために使うのが主な目的です。
医療的にはレーザー治療もあります。
ハイドロキノンは、『シミの原因であるメラニン色素の生成を抑えるとともに、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させます。ビタミンCやプラセンタなども美白成分としてありますが、ハイドロキノンはそれらの美白成分の10~100倍の効果があるとされています。』という説明がありました。

美白化粧品と同じようなことが書かれていますね。ただ、ビタミンCなどの美白成分よりずっと強力なので、できたシミも実際に明るくなるようです。

個人差もありますし、古いシミはあまり変化がなく、できたばかりのシミの方が比較的早く明るくなるそうです。

メラニンが過剰にできないようにする
メラニンが過剰にできるきっかけは、次のようなものです。
紫外線(日焼け)が一番多い
肌の乾燥
・ニキビ跡
・摩擦
・食生活
・喫煙
・飲み過ぎ
・ストレス
・便秘
・睡眠不足
・女性ホルモンの乱れ

言い出せばキリがありませんが、一番大きな原因である紫外線対策と保湿対策をしっかりするだけでも全然違ってきます。

喫煙は止めましょう。(私は8年前にやめました)
ストレスのない生活はムリだから、ストレス解消には運動や友人との会話、カラオケ、DVDを見て思いっきり泣くとかがいいそうです。

まとめ的なことを書くとすれば

・普段の生活でUV対策と保湿対策をしっかりする。
・喫煙を止めたりお酒を飲み過ぎないで、適度な運動をするなど生活習慣を改善する。
・シミ予防には美白化粧品を使う。
・できてしまったシミには、ハイドロキノンを正しく使う。

こんなところでしょう。
それぞれの具体的な方法は、別のページで詳しく書いていきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする